親の介護予防ガイド > 介護保険の基礎知識 >

介護保険制度とは? ブックマーク数


介護保険制度とは?

介護保険制度とは、一体どのような制度なのでしょうか?

簡単にいうと、介護保険制度は介護負担を減らすために作られた制度で、2000年4月より実施されました。介護保険制度では、高齢者が自立した生活を送れるように、保健医療や福祉サービスの提供をしています。

介護保険のサービス

介護保険のサービスには、居宅サービス・地域密着型サービス・施設サービスがあります。これらのサービスについては、後ほど詳しく説明していきたいと思います。

介護保険制度の対象

介護保険制度の対象となる人は、第1号被保険者と第2被保険者の二つに分かれます。

第1号被保険者とは、65歳以上の高齢者のことをいいます。
第2号被保険者とは、40歳から64歳で、特定疾病に該当する人のことです。この特定疾病は、がん・間接性リウマチ・脳血管障害など老化によるものが挙げられます。

要介護認定とは?

要介護認定とは、本人がどこまで介護を必要としているかということを客観的に評価することです。

介護保険サービスを利用するときには、まず要介護認定を申請する必要があります。要介護認定を受けるには、市町村に行かなければなりません。
申請の際には、申請書に被保険者証を添付して申請します。申請は本人ではなくても、成年後見人・家族、親族・民生委員、介護相談員・地域包括支援センター・指定居宅介護支援事業者・介護保険施設などが代理となって申請出来るそうです。

要介護認定の区分

要介護認定は、以下の通りに区分されます。

要支援1、要支援2
社会的な支援を必要とする状態

要介護1
排泄や入浴などで部分的な日常動作の介護を必要とする状態

要介護2
自力での日常動作が難しく、軽度の介護を必要とする状態

要介護3
自力での日常動作が出来なくなり、中度の介護を必要とする状態

要介護4
全面的な日常動作が出来なくり、重度の介護を必要とする状態

要介護5
全面的な日常動作とコミュニケーションが困難となり、最重度の介護を必要とする状態

この記事は2010年~2011年に体験したことや調べたことを元に書いています。最新の情報は厚生労働省ホームページをご覧ください。
厚生労働省の介護・高齢者福祉ページ

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントは受け付けていません。