親の介護予防ガイド > 有料老人ホームの選び方 >

有料老人ホームを見学する5つのコツ ブックマーク数


有料老人ホームを見学するコツ

有料老人ホーム見学するコツがあります。
施設の設備やスタッフの雰囲気など、できれば細かい所まで確認しておきたいところです。

しかし、見学時間は限られているので、チェックポイントを一つひとつ挙げていくとキリがありません。本当に必要な部分だけを調べておくようにしましょう。ここでは、有料老人ホームを見学するコツを説明していきますね。

1.施設長の人柄や経験は?

有料老人ホームを見学するときには、施設長がどんな人なのかを把握する必要があります。
施設長はホームの責任者であり、スタッフやサービスの質も施設長によって決まってくるので、見学では施設長について質問をしてみましょう。
見学では、施設長に以下のようなことを尋ねてみましょう。

・施設長の経験年数は?
・職歴は?
・どのような資格を持っているのか?

経験豊富で介護の現場をよく知っている施設長であれば、信頼できると思います。

2.スタッフの雰囲気は?

施設に入居したら一番お世話になるのがスタッフです。良い有料老人ホームに入居するには、スタッフから感じられる雰囲気を読み取ることも必要になります。スタッフの雰囲気を調べるには、以下のようなことをチェックしてみましょう。

・きちんと笑顔で挨拶ができているか?
・入居者やスタッフ同士の関係は良好か?
・迅速に仕事をこなしているか?

スタッフは、これから色々とお世話になる重要な人物なので、しっかりと見極めましょう。

3.施設内の清掃は行き届いてるか?

せっかく有料老人ホームに入居するのなら、快適で過ごしやすい施設に入りたいものですね。そのためにも、施設内はいつでも清潔な状態でいなくてはなりません。見学のときは、きちんと施設内の清掃が行き届いているか、以下のチェックを行っていきましょう。

・ゴミが散らかっていないか?
・異臭はしないか?
・換気を行っているか?

また、入居者の服装には清潔感があるか確認してみてください。キレイな服を着ていれば、スタッフが入居者にきちんとサービスを提供しているかが分かります。

4.部屋の中は過ごしやすいか?

部屋は、入居者がプライベートに過ごせる大切な場所です。きちんと過ぎしやすいようになっているかどうか確認する必要があります。

部屋のチェックには、以下のようなことを調べてみてください。

・プライバシーは守られているか?
・持ち込める備品はどのような物か?
・窓からの日当たり、眺めはいいか?
・車椅子になっても部屋の中に入りやすい作りになっているか?

部屋のスペースも大切ですが、入り口の構造や備品など、細かい所にも目を付けておきましょう。

5.食事の内容は?

有料老人ホームで気になるサービスとして、食事が挙げられます。入居後は美味しく、栄養バランスが考えられた食事をいただきたいものですよね。食事に関するチェックポイントは、以下の通りです。

・食事のバランスはとれているか?
・食事の味付けはどうか?
・介護食は提供されているか?
・食べやすい又は飲み込みやすいように工夫されているか?

施設の中には、予約すれば食事の試食をさせてくれる所があるので、機会があれば実際に食べてみるといいかもしれません。

いかがでしょうか?このようなチェックポイントを抑えておくと、有意義な見学をすることができるはずです。

有料老人ホームの見学は一回だけでなく、二回ほど見学してみるとまた新たな発見が見つかると思います。また、気に入った施設だけに絞るのではなく、複数の有料老人ホームを見学してみましょう。色々な有料老人ホームと比較しながら探した方が、よりよい有料老人ホームを見つけられます。

自分が納得のいくまでしっかりと有料老人ホームの見学を行ってくださいね。

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントは受け付けていません。