親の介護予防ガイド > 有料老人ホームの選び方 >

有料老人ホームを見学する前の注意点 ブックマーク数


有料老人ホームを見学する前の注意点

入居を希望する有料老人ホームは、いくつか候補を出しましょう。そして候補を絞ったら、見学をしてみましょう。

実際に自分の目で確認しておくと、施設の設備や雰囲気、スタッフの人柄など様々な情報が分かりやすく伝わってきます。パンフレットだけでは得られない新しい発見もできるので、見学はとても大切です。

しかし、唐突に見学しに行ってもなかなか新しい情報を持ち帰ることは難しいです。また、どのような施設なのかを見極めに行くことは大切ですが、施設側への配慮も忘れてはいけません。

有意義な見学をするためには、一体どうすればいいのでしょうか?ここでは、その注意点についていくつか説明していきます。

事前に電話で見学の予約をする

見学をするときには、まず電話で予約してから行くようにしましょう。
突然施設に見学しに行っても、忙しくて対応できなかったり、担当者の不在で見学させてもらえないことがあります。

また施設にはスタッフ以外にも多くの入居者がいるので、迷惑をかけてしまうことも考えられます。施設側の都合も考慮しながら、あらかじめ電話で予約してから見学に行く方がいいですね。

スタッフに質問する内容を考えておく

分からないこと、質問したいことがあればメモしておきましょう。限られた見学時間の中でより多くの情報を手に入れたいときは質問が効果的です。

質問内容を忘れないようにメモを取りながら、スタッフにどんどん尋ねましょう。また、事前にパンフレットなどで内容を確認して、質問を考えておくのもいいですね。

一人ではなく複数人で見学する

一人よりも、なるべく複数人で見学するようにしましょう。
複数なら自分では気付かないことを発見したり、色々な見方を知ることができます。第三者の意見はとても参考になるので、複数で行くことをおすすめします。

しかし、あまり大人数で行くと施設側に迷惑がかかりやすいです。2、3人程度の人数で見学に行くのが良いと思います。

周辺環境をチェックする

有料老人ホームだけでなく、その周辺環境にもチェックしましょう。
施設の周辺に買い物できる場所や電車があればとても便利です。周りには、どのようなお店や交通機関があるのかは大切なポイントとなるので、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントは受け付けていません。