親の介護予防ガイド > 有料老人ホームの選び方 >

有料老人ホームの入居金と月額利用料 ブックマーク数


有料老人ホームの入居金と月額利用料

有料老人ホームで最も気になるのが、費用だと思います。高額といわれている有料老人ホームなだけあり、一体どれぐらいのお金が必要になるのでしょうか?

一般的に、有料老人ホームでかかる費用には「入居金(入居一時金)」と「月額利用料」の2つに分けられます。ここでは、その2つの費用について詳しく説明していきます。

有料老人ホームの入居金(入居一時金)とは?

入居金とは一、体どのようなものなのでしょうか?
簡単に説明すると、有料老人ホームに入居する際に支払う費用のことを入居金といいます。入居金はマンションやアパートの家賃のような扱いで、異なるのは毎月支払うのではなく入居時に一括して払うという点です。

有料老人ホームの入居金は、数千万とかなりの高額な金額が求められます。しかし、最近では数十万~数百万と比較的安めの費用となっている施設も増えてきているそうです。このように、入居金でも施設や地方によってはかなり幅広くなってきます。

また入居金ゼロや高齢になるにつれて入居金が安くなるといったシステムを導入してる施設もあります。入居金ゼロについては改めて説明しますね。

有料老人ホームの月額利用料とは?

月額利用料とは、一体どのような費用なのでしょうか?

生活を送る上で必要な費用のことを月額利用料といい、こちらは毎月支払うことになります。月額利用料には、光熱費・食費・管理費などが含まれています。

しかし、施設によっては月額利用料に含まれる費用が異なるので、金額も変わってくるそうです。また、有料老人ホームには生活をサポートしてくれる施設のスタッフに対する費用もかかってきます。

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントは受け付けていません。