親の介護予防ガイド > 有料老人ホームの選び方 >

有料老人ホームの種類は入居する高齢者の状態や提供されるサービスによって異なる ブックマーク数


有料老人ホームの種類

有料老人ホームには、4つの種類があります。

有料老人ホームはたった1つの種類だけだと思っていました。しかし、入居する高齢者の状態や提供されるサービス内容によって異なるそうです。有料老人ホームが4種類もあると知って驚きました。

有料老人ホームの種類は以下の通りに分けられます。

  • 健康型有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 一般型特定施設入居者生活介護(介護付き一般型有料老人ホーム)
  • 外部サービス利用型特定施設入居者生活介護(介護付き外部サービス利用型有料老人ホーム)

同じ有料老人ホームでも、費用・入居用件・サービス内容などが違ってきます。それぞれメリットもあれば、もちろんデメリットも存在します。

ここでは、有料老人ホームの種類についてひとつひとつ説明していきたいと思います。

健康型有料老人ホームの特徴と費用
住宅型有料老人ホームの特徴と費用
一般型特定施設入居者生活介護(介護付き一般型有料老人ホーム)の特徴と費用
外部サービス利用型特定施設入居者生活介護(介護付き外部サービス利用型有料老人ホーム)の特徴と費用

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントは受け付けていません。