親の介護予防ガイド > 有料老人ホームの選び方 >

老人ホームの種類は目的・対象者・費用・サービス内容によって異なる ブックマーク数


老人ホームの種類

老人ホームと一口に言っても、たくさんのの種類があります。目的・対象者・費用・サービス内容など、それぞれの老人ホームによって内容が異なります。

私も老人ホームについて勉強し始めたとき、思った以上に多くの種類があって驚きました。いまひとつ老人ホームの違いがわからなくて、頭の中が混乱しかけたこともあります。しかし、よく調べていくうちに、介護だけでなく医療を取り入れている老人ホームなど、それぞれの老人ホームに特徴があってとても興味深かったです。

ここでは老人ホームの種類について説明していきたいと思います。老人ホームの中でも代表的な『有料老人ホーム』『特別養護老人ホーム』『養護老人ホーム』『介護老人保健施設』『軽費老人ホームA型・B型』『ケアハウス』『通所リハビリテーション(デイケア)』『短期入所生活介護(ショートステイ)』を取り上げます。

有料老人ホーム

有料老人ホームとは、高齢者を入居させ、日常生活に必要な便宜を供与することが目的の民間施設。

  • 対象者:60歳々以上の自立者、要介護者
  • 費用:入居者が全額負担
  • 手続き:直接申し込む

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは、介護が必要で居宅での生活が困難な高齢者を対象に、日常生活上の世話やリハビリ等を行う老人福祉施設。

  • 対象者:65歳以上の要介護者
  • 費用:入居者の収入や負担能力に応じて負担
  • 手続き:居住地の福祉事務所へ申し込む

養護老人ホーム

養護老人ホームとは、身体や環境、経済的な理由で居宅での生活が困難な高齢者を対象に、養護する老人福祉施設。

  • 対象者:65歳以上の自立者
  • 費用:入居者の収入や負担能力に応じて負担
  • 手続き:居住地の福祉事務所へ申し込む

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、介護、看護、リハビリテーションを必要とする高齢者を対象に、医療ケアを提供する老人福祉施設。

  • 対象者:70歳以上の要介護者
  • 費用:介護保険の給付にかかる1割の自己負担分など
  • 手続き:病院の診断を受けてから決定

軽費老人ホームA型・B型

軽費老人ホームA型・B型とは、収入が月額利用料金の2倍程度以下の高齢者を対象に、低額で生活上のサービスを行う老人福祉施設。A型は給食付きで、B型は自炊が必要である。

  • 対象者:60歳以上で自分の身の回りのことができる人
  • 費用:入居金はなく、利用料などは負担能力に応じて減額
  • 手続き:直接申し込む

ケアハウス

ケアハウスとは、身体機能の低下や独立した生活に不安がみられる高齢者を対象に、低額で介護を行う老人福祉施設。

  • 対象者:60歳以上の要介護者
  • 費用:生活費や管理費など
  • 手続き:直接申し込む

通所リハビリテーション(デイケア)

通所リハビリテーション(デイケア)とは、通所させた介護が必要な高齢者を対象に、食事・入浴などのサービスを提供する老人福祉施設。

  • 対象者:65歳以上の要介護者
  • 費用:食費などの実費のみ
  • 手続き:居住地の福祉事務所へ申し込む

短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所生活介護(ショートステイ)とは、介護が必要な高齢者や家族内での介護が困難なとき、短期間(数日から一週間程度)で介護を行う老人福祉施設。

  • 対象者:65歳以上の要介護者
  • 費用:食費などの実費のみ
  • 手続き:居住地の福祉事務所へ申し込む

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントをどうぞ