親の介護予防ガイド > 介護保険の基礎知識 >

介護保険の介護予防サービスとは? ブックマーク数


介護保険の介護予防サービスとは?

介護予防サービスとは、簡単に言うと要介護状態の防止や改善を目的としたサービスのことをいいます。2006年4月施行の介護保険の改正とともに、介護予防の考えが重視されてこのサービスが生まれました。

介護予防サービスの対象となるのは、要支援1・2と認定された人のみです。その人の心身の状況や環境などを考慮して行われるため、一人ひとりに合った介護予防サービスを受けることができます。いずれのサービスも、日常生活の支障を軽減させたり、悪化を防ぐなどの介護予防を目的としてしています。

利用者自身が行えることはできる限り本人が行えるように促しているのが、介護予防サービスの特徴だと思います。

介護予防サービスの種類

介護予防サービスの種類には一体どのようなサービスがあるのでしょうか?以下が、介護予防のサービスの種類となっています。

  • 介護予防訪問介護
  • 介護予防訪問入浴介護
  • 介護予防訪問看護
  • 介護予防訪問リハビリテーション
  • 介護予防居宅療養管理指導
  • 介護予防通所介護
  • 介護予防通所リハビリテーション
  • 介護予防短期入所療養介護
  • 介護予防特定施設入所者生活介護
  • 介護予防福祉用具貸与
  • 特定介護予防福祉用具販売

介護予防サービスの種類をそれぞれ紹介していきます。

介護予防訪問介護とは?

介護予防訪問介護とは、介護職員が利用者の自宅に訪問して支援を行ってもらうサービスです。
支援してもらえるのは、料理や洗濯といった家事、生活などに関する相談・助言などが挙げられます。

介護予防訪問入浴介護とは?

介護予防訪問入浴介護とは、利用者の入浴を支援するサービスです。
自宅での入浴介助が困難な場合によく使われています。

介護予防訪問看護とは?

介護予防訪問看護とは、病状を抱える利用者の自宅へ訪問し、療養上の世話や診療の補助を行うサービスです。
看護師、保健師、准看護師、理学療法士、作業療法士などがサポートしてくれます。

介護予防訪問リハビリテーションとは?

介護予防訪問リハビリテーションとは、病状が安定している利用者の自宅へ訪問し、リハビリを行うサービスです。
リハビリの専門家である、理学療法士や作業療法士が支援してくれます。

介護予防居宅療養管理指導とは?

介護予防居宅療養管理指導とは、利用者の自宅で療養上の管理や指導を行うサービスです。
医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士などが療養上の管理・指導します。

介護予防通所介護とは?

介護予防通所介護とは、利用者を施設に通所させて介護予防を行うサービスです。
具体的な支援は、食事や排泄などの日常生活上のサポートや機能訓練を行います。

介護予防通所リハビリテーションとは?

介護予防通所リハビリテーションとは、病状が安定している利用者を施設・病院・診療所に通所させ、リハビリを行うサービスです。
理学療法や作業療法、その他に必要なリハビリを行い、利用者の心身機能を回復させていきます。

介護予防短期入所療養介護とは?

介護予防短期入所療養介護とは、利用者を特別療養老人ホームや養護老人ホームなどに短期間入所させて、介護予防を行うサービスです。
医学的管理下における機能訓練や医療、日常生活上の支援を行っていきます。

介護予防特定施設入居者生活介護とは?

介護予防特定施設入居者生活介護とは、特定施設に入所している要支援の利用者の支援を行うサービスです。
食事や入浴といった日常生活上のサポートや機能訓練、療養上の世話を行います。

介護予防福祉用具貸与とは?

介護予防福祉用具貸与とは、利用者に必要な福祉用具を貸し出すサービスです。
貸し出しの対象となる福祉用具は、以下の通りとなっています。

  • 車椅子
  • 手すり
  • スロープ
  • 歩行器
  • 歩行補助杖

福祉用具専門相談員の助言を受けながら、福祉用具を選ぶことができます。

特定介護予防福祉用具販売とは?

特定介護予防福祉用具販売とは、福祉用具の購入を行っているサービスです。
購入の対象となっている福祉用具は、以下の通りとなっています。

  • 腰掛便座
  • 特殊尿器
  • 簡易浴槽
  • 入浴補助用具
  • 移動用リフトの吊り具

この記事は2010年~2011年に体験したことや調べたことを元に書いています。最新の情報は厚生労働省ホームページをご覧ください。
厚生労働省の介護・高齢者福祉ページ

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントは受け付けていません。