親の介護予防ガイド > 介護保険の基礎知識 >

介護保険のサービスとは? ブックマーク数


介護保険のサービスとは?

介護保険サービスとは、一体どのような内容なのでしょうか?

簡単に言うと、介護保険のサービスは、利用者や家族の介護生活にかかる負担を少しでも軽減させるサービスのことを言います。介護保険制度の利用を申請し、審査・判定されて介護サービス計画を立てることで、初めて介護サービスが利用出来るのです。

介護サービスを受けられるのは、要介護認定1~5を受けた人が対象となっています。介護サービスの代表的な種類としては以下の通りです。

  • 居宅サービス
  • 施設サービス
  • 地域密着型サービス

近年、高齢者の増加と共に、介護サービスの利用者も増えてきています。現在では、介護サービスは老後生活において重要なサービスであると考えられているのです。

介護サービス計画とは?

介護サービスを利用する上で、まずは介護サービス計画を立てなければなりません。介護サービス計画とは、利用する介護サービスをいつ、どの程度使うのかを定める計画のことです。別名、ケアプラントも呼ばれています。

介護サービス計画は、利用者の心身の状況や環境、家族の希望等に応じて作成されます。
そのため、介護サービス計画は慎重に立てる必要があります。介護サービス計画を作成するには、介護支援専門員という介護の専門家と話し合って立てることが多いです。

しかし、最近では自己作成する方もいるらしく、介護サービス計画の視野が広まりつつあります。

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは?

介護保険サービスを受けるにあたって、介護支援専門員(ケアマネジャー)との話し合いをすることになります。介護支援専門員とは、要介介護者・要支援者からの相談を受けて、介護サービスの計画を作成する人のことです。

利用者に適切なサービスを提供したり、事業者や施設との連絡調整など、介護サービスで重要な役割をになっています。

より良い介護サービスを受けるためには、介護支援専門員との話し合いがとても大切です。介護支援専門員は、介護サービスの計画を立てる際、利用者とその家族に丁寧に相談に応じてくれます。

私も祖父の介護について相談していたとき、介護支援専門員の方は親切な態度で一緒に計画を立ててくれました。介護の知識が充分になくても、分かりやすい言葉を使って理解しやすいように説明してくれたので、とても助かります。

介護サービスの計画は、慎重に作成しなければなりません。介護支援専門員と一緒にじっくり考えてたいですね。

この記事は2010年~2011年に体験したことや調べたことを元に書いています。最新の情報は厚生労働省ホームページをご覧ください。
厚生労働省の介護・高齢者福祉ページ

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントは受け付けていません。