親の介護予防ガイド > 介護保険の基礎知識 >

介護を支える専門職 ブックマーク数


介護を支える専門職

介護において、専門職の人々の存在は欠かせません。高齢者でも地域に安心して暮らすためにも、専門職の人の力を借りて支えてもらう必要があります。

私も父の介護で様々な専門職の人たちから助けてもらいました。誰がどのような役割を果たしているのかを知ることで、介護への心構えができますね。

ここでは介護を支える専門職について紹介します。

介護の専門職の種類

介護の専門職には、一体どのような種類があるのでしょうか?
以下の通りが、認知症ケアの専門職の種類となっています。

  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • ホームヘルパー
  • ケアマネジャー
  • 看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 認知症ケア専門士
  • 福祉用具専門相談員

介護の専門職の種類をそれぞれ紹介していきます。

社会福祉士とは?

社会福祉士とは、福祉に関する専門的知識や技術を兼ね備えた専門家のことを言います。
福祉に関する相談や助言、援助などを行い、他職種と連携しながら利用者を援助します。

介護福祉士とは?

介護福祉士とは、介護に関する専門的知識や技術を持ち、利用者の心身の状況に応じた介護を行う専門家です。
主な援助としては、食事や入浴といった日常生活の援助や指導を中心に行います。

ホームヘルパーとは?

ホームヘルパーとは、利用者の自宅まで訪問して介護を行う人のことを言います。
身体介護や家事サービス、相談といった業務を行っています。

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーとは、介護保険法より規定されたケアマネジメントを行う人のことを言い、別名「介護支援専門員」と呼ばれています。
主に介護サービスの計画を立てたり、事業者との連絡や調整などを行っています。

看護師とは?

看護師とは、療養上の世話や診察の補助を行う人のことです。
利用者に対して、医療に関するサポートや世話を中心に行っています。

理学療法士とは?

理学療法士とは、医師の指示のもと、理学療法を駆使する人のことを言います。
利用者に対して、リハビリテーションを中心に基本動作の回復や運動療法を行っています。

作業療法士とは?

作業療法士とは、医師の指示のもと、作業療法を行う人のことを指します。
手芸や工作などの作業を通じてリハビリテーションを行い、心身機能の回復を目指しています。

言語聴覚士とは?

言語聴覚士とは、言語機能や聴覚などに障害のある人に対して機能向上を目指す人のことです。
コミュニケーション能力が低下した人や摂食・嚥下面に問題のある人へのリハビリを中心に行っています。

認知症ケア専門士とは?

認知症ケア専門士とは、認知症ケアに関する高い知識や技術を身に付けた専門士のことです。
認知症ケアはもちろんのこと、保健や福祉にも関わりを持っています。

福祉用具専門相談員とは?

福祉用具専門員とは、福祉用具に関する知識を持っている人のことを言います。
福祉用具を使用する際に、使い方や選び方などを助言してくれます。

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントは受け付けていません。