親の介護予防ガイド > 食道がんの父の闘病と介護 >

父と永遠の別れ、介護の終わり ブックマーク数


6月の終わりに、父が永眠しました。

在宅ケアが始まって、1週間経たないうちに帰らぬ人となってしまいました。訪問看護師さんに「もう危ないかもしれない」と言われた翌日のことでした。

父は傾眠状態となって、胸を大きく上下させながらも、一生懸命生きていました。でも、私の目からみても、もう少しでお別れだと感じてしまいました。

父の手をずっと握り締めて、「お父さん、お父さん」と頬を寄せる。父の手はとてもあたたかかったです。

ずっと家に帰ることだけを楽しみにしていた父。
死の間際まで、我が家にいることができました。

数日間だけでも我が家に帰れたこと、父の笑顔を思い出しながら、よかったと思っています。

まだ父がいないことが信じられず、まだ病院にいるような気がします。現実を受け入れるまでに時間がかかりそうです。

また、母の心労がひどく、しばらくは実家に泊まる日がつづきます。葬儀や死後の手続きなど忙しい毎日ですが、こうして時間が経っていくうちに、少しずつ現実と向き合っていくのでしょうね。

父と永遠の別れがあり、母と私の介護も終わりました。1週間ほどの介護体験でしたが、末期がんの介護は24時間体制で想像を絶するものがありました。

ずっと励ましてくださった方がたくさんいました。みなさんのおかげで、父も私も最後まで諦めずに、頑張ることができました。深く感謝しています。ありがとうございます。

<この記事は2010年6月の出来事です>
※数年前の出来事のため、質問のコメントにお答えできない可能性があります。ご了承ください。

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントをどうぞ