親の介護予防ガイド > 食道がんの父の闘病と介護 >

食道とリンパ節が腫れている ブックマーク数


父の担当医の説明を聞く日。母と娘と私の三人でナースセンターの一室へ向かった。

担当医I先生を見てびっくり。二十代のかわいらしい女性でした。数名の医師でチームを組んで父を診てくれるとのこと(内心、ちょっとほっとした。I先生ごめんなさい)。

I先生は簡単な自己紹介の後すぐに説明に入った。説明のポイントはこのような内容。急いでメモしたので言葉の不足、間違っている点があるかもしれません。

  • 食道とリンパ節が腫れている
  • 食道がんの可能性がかなり高い
  • 今は組織検査の結果待ち
  • 治療しなければよくなる可能性は低い
  • がんだった場合は抗がん剤と放射線で治療し、がん細胞を小さくする
  • がんのステージはII~IIIで、転移があるとIVになる
  • セカンドオピニオンの説明

写真を見せながら、現在の様子や治療方法の説明など、詳しく話してくれました。

結果は数日後にわかる。父はどうなるのだろう?
少しでも予想よりよい結果でありますように。

<この記事は2010年2月の出来事です>
※数年前の出来事のため、質問のコメントにお答えできない可能性があります。ご了承ください。

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントをどうぞ