親の介護予防ガイド > 介護保険の基礎知識 >

介護保険の地域密着型サービスとは? ブックマーク数


介護保険の地域密着型サービスとは?

地域密着型サービスという介護サービスをご存知ですか?

地域密着型サービスは、2006年4月の介護保険制度改正によって作られたサービスです。市町村が事業所の指定や指導・監督を行っています。

以前は、介護といえば在宅または施設という考えが一般的でした。しかし、地域密着型サービスは、在宅と施設の中間に位置づけ、利用者が住み慣れた地域で暮らせるようにするという新しい介護サービスなのです。それぞれの地域に対応するため、多様な形態のサービスを提供させることが地域密着型サービスの目的となっています。

現在、福祉では地域との繋がりが重要視されているそうです。地域との繋がりを持つことで、困ったときにお互いに助け合いや団結が生まれてきます。誰もが安心して住み慣れた地域で暮らせるというのはとても素晴らしいことだと私は思います。

地域密着型サービスでは、そんな地域での生活を希望する人を支援してくれるサービスなのです。

地域密着型サービスの種類

地域密着型サービスの種類には、どのようなものがあるのでしょうか?
地域密着型サービスの種類は以下の通りとなっています。

  • 夜間対応型訪問介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 認知症対応型共同生活介護
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
  • 地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護

地域密着型サービスのそれぞれの種類について簡単に説明していきます。

夜間対応型訪問介護とは?

夜間対応型訪問介護とは、夜間の定期的な巡回訪問や通報によって、訪問介護を行うサービスのことです。食事・入浴・排泄などの日常生活上の支援や、介護などに関する相談・助言を行います。

認知症対応型通所介護とは?

認知症対応型通所介護とは、認知症高齢者を対象とした通所介護のことです。

施設に通わせながら利用者の日常生活上の世話や機能訓練を行います。また、少人数でのリハビリテーションやレクリエーションなども行うそうです。

小規模多機能型居宅介護とは?

小規模多機能型居宅介護とは、利用者の心身の状況や環境に応じて、通所・訪問・泊まりを組み合わせたサービスです。

これまでの人間関係や馴染みの空間を維持させるよう支援していきます。特に、小規模多機能型居宅介護は認知症高齢者に対する効果が期待されるサービスであると考えられています。

認知症対応型共同生活介護とは?

認知症対応型共同生活介護とは、認知症を持つ利用者が少人数で共同生活を行うサービスのことです。
介護専門職の援助を受けながら日常生活上の世話や機能訓練を行っていきます。
以前は、要支援者の利用は出来ませんでしたが、改正後に要支援2の方も利用可能になったそうです。

地域密着型特定施設入居者生活介護とは?

地域密着型特定施設入居者生活介護とは、入所定員29人以下の有料老人ホームで日常生活上での支援や機能訓練などを行うサービスです。
少人数の入居者に対して、介護老人福祉施設と同じサービスが行われます。

地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護とは?

地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護とは、入所定員29人以下の特別養護老人ホームで日常生活上での支援や機能訓練などを行うサービスです。
また、健康管理や療養上のお世話も行っています。

この記事は2010年~2011年に体験したことや調べたことを元に書いています。最新の情報は厚生労働省ホームページをご覧ください。
厚生労働省の介護・高齢者福祉ページ

スポンサード リンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

コメントは受け付けていません。